個性が光ることでビジネスで相手に覚えてもらえる名刺作成のコツ

businesscard

自社の業種や強みを表した名刺を作る

展示会や商談の場所などで名刺を交換することがありますが、ありふれたような名刺では一般的な交換となり、印象を与えるという部分では希薄になりがちです。例えば名刺自体の材質を一般的な容姿から特殊な材質へと変更するだけでも印象の部分で大きな変化を付けることができ、なお且つ覚えてもらえるきっかけにもなります。
一般的に用いられる標準紙から別の材質に変更する際、最も無難で汎用性が高いのはプラスチック材質の名刺でしょう。しかし全ての企業がプラスチック材質の名刺を用いると味気ないものになります。そこで所属する企業の業種に合わせて材質を変更すれば、相手にどんな企業なのかという情報を伝えることができ、印象と分かりやすい情報を伝達することができます。例えば木材系資材を専門に扱うのであれば、木製の名刺を作ることがベストになりますし、金属加工を営んでいるのであれば、メタリックな存在を使用すると分かりやすいでしょう。
特殊な材質の名刺を作る場合、費用という部分がネックになるかもしれませんが、意外に費用は大きく必要としません。特殊素材を使用した名刺は一般的なものとなりつつあるため、制作会社も専用のプランを用意しているほどなのです。敷居が高い名刺作成ではないため、ぜひ検討してみるといいでしょう。

注目記事

仕事の幅を広げる名刺

印象に残る名刺を作成しておくことで、取引先などに良い印象を与えることができます。そのためビジネスでは、名刺作成を業者に依頼する人も増えています。なぜなら業…

ビジネスシーンで使用できる名刺の作成

名刺というのは相手先に様々な情報を伝達するためのツールとして用いられており、誰でどこに所属しているのか、またその連絡先など、ビジネスシーンにおいて欠かせな…

名刺作成での必要事項

今では、会社を通しての挨拶に名刺交換は欠かせないものとなっています。名刺交換によって、相手に自分の名前や役職を印象付ける事により、良い効果がでるのではない…

自社の業種や強みを表した名刺を作る

展示会や商談の場所などで名刺を交換することがありますが、ありふれたような名刺では一般的な交換となり、印象を与えるという部分では希薄になりがちです。例えば名…

ニュース一覧

2017年08月10日
自社の業種や強みを表した名刺を作るを更新しました。
2017年08月10日
名刺作成での必要事項を更新しました。
2017年08月10日
ビジネスシーンで使用できる名刺の作成を更新しました。
2017年08月10日
仕事の幅を広げる名刺を更新しました。
TOP